コミなびの漫画配信サイトを紹介

コミなびとはスマートフォン向けの電子書籍ストアです。公式からは「ケータイコミック配信サイト」と紹介されています。

 

アニメ化やドラマ化された話題作、人気作はもちろん、女性向けや男性向け、大人向けの作品もあり、作品数はかなり豊富に用意されています。

 

ジャンルの幅も広いため性別年齢関係なく楽しむことができるでしょう。さらに当然かもしれないですが、コミなびでは無料立ち読みができるようになっています。

 

もちろん立ち読みについてはオトナ漫画などもありますし、立ち読みでも制限なくご利用頂けるのでメリットとして大きいのもコミなびの特長となるでしょう。

 

気になる作品の詳細ページを開いたら「無料立ち読み」をタップするだけ。これだけで簡単に立ち読みができるので、スムーズにサイトの利用も可能となっております!

 

また以前のサイト名は「めちゃコミ」という名のサイトでした。フレンチブルで有名なめちゃコミックというサイトがあり昔は勘違いしてしまうような感じでしたが、2年ほど前にサイト名が変更となり今でははっきりと別サイトと分かるようになりました。

 

対応機種をまずはチェック!

コミなびを始め電子書籍ストアに登録する際、気になるのが対応機種についてです。

 

下の画像はコミなびのトップページを一番下へスクロールしたところです。「対応機種」をタップすれば、どのOSを搭載していれば大丈夫なのかが確認できます。

 

 

 

 

まず殆どのスマホは大丈夫だと思いますが一応念のために調べておくのがベスト。対応機種を確認せずに利用して後に「使えない」ということにならないように気をつけておこう。

 

大人漫画の多さがコミなびの魅力!

コミなびで特に魅力的な点というはいろいろありますが、大人漫画がとてもたくさん読めるのが大きいです。

 

もちろん他の電子コミック系サイトでもこのような漫画を配信しているのですが、そんな中コミなびは意外と配信数も多くなっているのが特長。

 

当然ですがこのようなジャンルにおいては「フルカラー」となっている為に、見ごたえばっちりでコミックを読むことができます。

 

安全性の不安を抱いている方へ

このようなオトナ漫画が多くサイト内で見られるので、安全性などにおいて不安視される方もいると思いますが、コミなびはガラケー時代より携帯キャリア公式サイトで運営されているサービスですので安心です。

 

ですのでキャリア決済が可能ですので月額料金の支払いなども楽々OK。請求書には「コミなび」というサービス名が記載されますが、購入したコミックの名前までは載らないので、プライバシーに関しても安心できます。

 

ちなみに人気なども以前と比べて良くなってきており、上位10位以内に入るようなサービスとなっています。

 

豊富な漫画の探し方があるコミなび

それでは気になるコミックを探しましょう。コミなびではさまざまな方法を使ってコミックを検索できます。ココではサイトで目立っているメニューバーについて紹介します。

 

コミなびにあるすべてのコミックが集まっているページです。男性向けはもちろん女性向けもあり、幅広く多くの作品を楽しみたい人に向いています。

 

次のようなコーナーが用意されています。

 

無料配信中!! 期間限定で無料配信されている作品を紹介
注目タイトル 話題になっている作品の紹介
NEW!! 新着作品の紹介
限定タイトルPICK UP コミなび特別配信の作品を紹介
週間ランキング 第3位までを紹介(4位からは別ページ)
注目特集 注目度が高い漫画を紹介

 

このようにさまざまなコンテンツも集まっており、実はキャリアやアクセスした日などで変化しますのでこれ以外のコーナーがあったりもします。

 

「注目キーワード」「高画質コーナー」などあったりもして色々な魅力が詰まった総合コーナー。「お知らせ」「お客様メニュー」も総合TOPにあります。

 

 

コミなびで配信開始されたばかりのコミックが集まっているメニューです。タップすると表示されるページは「コミック総合」「オトナ向け」をタブで切り替えられます。

 

新着から掘り出し物が見つかるかもしれませんので、どんどんチェックしていきましょう。

 

 

男性向け作品のページです。「今週のイチオシ!!」「NEW!!」「注目タイトル」などなど内容的にほぼ総合TOPと変わりません。

 

こちらのページからも「お客様メニュー」へのアクセスが可能です。

 

 

女性向け作品のページです。「今週のイチオシ!!」からはじまり「お客様メニュー」へ至るまでコンテンツは総合&男子と同じ内容になっています。

 

但し特集している電子コミックなどについてはもちろんですが「女性向け」のタイトルばかりです。

 

 

面白い作品を探すならランキングは要チェックです。ランキングのジャンルは多数用意されており、好みのコミックが探しやすくなっています。

 

総合、少年、少女、青年、女性、ホラー、♂向、TL、BL、GL、アニメ、ギャグ、合計12個のジャンルがあります。

 

ジャンルごとにランキングの内容はまったく変わってきますから、全部に目を通しても面白いかと思います。

 

フリーワード検索などももちろんOK!

もちろんすでに読みたいコミックがある場合は、フリーワード検索から探しても大丈夫です。さらに詳細検索をタップすれば、条件を細かくして作品検索が行えます。

 

フリーワード検索(ANDとORを選べます)

 

表示順(50音順、新着順、人気順を選べます)

 

ジャンルで絞り込む(少年コミックや少女コミックなどを指定可能)

 

巻、話の絞り込み(話や巻の有無を指定できます)

 

 

ジャンル別検索(多数あるジャンルを指定して検索、少年ジャンプやなかよしなど雑誌の指定も可能)

 

雑誌別検索(雑誌のみが集められた検索方法)

 

配信タイプ検索(巻・話のタイプ別の検索)

 

ジャンル別検索は雑誌以外の項目もたくさんありますので、目的が雑誌のみであれば雑誌別検索の方が探しやすくてオススメです。

 

どの検索方法を使うかは、どんなコミックを読みたいかによって変えていきましょう。

 

 

巻読みと話読みの違いって?

コミなびには「巻読み」と「話読み」があります。どちらの方が良いのか、感想を交えながら特徴をご紹介していきます。

 

巻読み

1ページ1ページ読み進められるのが最大の特徴です。いかにも電子の書籍という感じがして自由度も高く、画質もきれいです。

 

直感的な操作ができるので読みやすいのも嬉しいですね。ただし専用ビューアアプリ「MD Viewer」をインストールする必要があるため、スマートフォンの容量が少ないとちょっと大変かもしれません。

 

また、MD Viewerは最新バージョンが配信されたら、アップデートを行わないとコミックが読めなくなってしまいます。

 

本を読むのが好き、という人には巻読みがオススメです。見開きページもきちんと読めるので迫力がありますね。

 

話読み

1コマ1コマ読み進めていくのが特徴的です。フィーチャーフォン時代から電子書籍を読んでいる人は、こちらの方がしっくりくるかもしれません。

 

巻読みと比べると若干ですが画質が粗くなっている気がします。とても細かな文字だと少々読みづらいと感じるでしょう。

 

しかし、巻読みにはない独特の演出があります。セリフからキャラクターへ画面が移動したり、シーンが移り変わる時のエフェクトからは作品の緊張感が伝わってきます。

 

自由度はあまり高くないものの、コミックの形をしたアニメを読んでいるような気分になれるのは面白いですね。

 

巻読みと話読み、どちらにもメリットとデメリットがあります。まずは無料サンプルで両方とも体験してみる方法もオススメです。

 

無料サンプルも2パターンある

無料サンプルにおいても巻読みと話読みの2パターンがあります。巻売りのみの作品は、無料サンプルも巻読みとなり、話売りのみの作品は無料サンプルも話読みになります。

 

巻売りと話売り、どちらもある場合は現在選択している方で無料サンプルが読めます。巻読みは専用ビューアアプリがないといけませんから、まずは話読みで無料サンプルを読むことをオススメします。

 

話読みは少々読み込みに時間がかかりますが、ブラウザ上で読めるので大変便利です。無料サンプルが無事に読めたら所有している機種でコミなびが利用できるということです。

 

立ち読みはログインしていなくてもできますので、まずは試し読みをしてみて下さい。問題なければ早速、コミなびに登録しましょう。

 

なお、すべてのタイトルから無料サンプルが配信されているわけではありません。中には無料サンプルがないものもあるため、その場合は別の作品をチェックしましょう。

 

会員登録の方法とは

コミなびでコミックを買って読むためには会員登録が必要です。会員登録をするには右上にあるオレンジ色のアイコンをタップして下さい。

 

そのまま「会員登録」と書いてあるのでわかりやすいと思います。会員登録には主に5つの方法があります。

 

 

それぞれにいったいどんな違いがあるのか、簡単に説明していきましょう。

 

コミなびIDで登録

サイト独自のIDを作成してログインする方法です。この方法でログインをするとクレジットカード決済が可能になります。

 

カードであれば面倒な手続きの必要がなく、自動的に引き落としてくれるのでとても便利です。クレカを持っているならコミなびIDを作成しておくのも一つの手段とも言えます。

 

携帯各キャリアIDでログイン

各キャリアから提供されているIDを使ってログインする方法です。docomoならdocomo ID、auならau ID…といった感じです。

 

最も使われている登録方法で決済なども電話代と一緒に引き落としたりできる方法ですので、便利な面もあります。

 

楽天ログイン

楽天会員IDを使ったログイン方法ですと、楽天ID決済が使用できます。楽天を利用している方にとってよい方法です。

 

しかしコミなびIDをはじめ、docomo、au、SoftBankのIDと連携ができないので、他のIDとの共有が制限されてしまいます。

 

主に本棚、電子書籍購入履歴、所有ポイントが共有できません。しかし共有できないだけですので、それぞれの機能の利用は可能です。

 

楽天ID決済はとても簡単ですが、デメリットがあるのは少々難点です。また、楽天ID決済をする場合には必ずその他のIDからログアウトした状態で行って下さい。

 

他注意点としましては、すでにコミなびで各キャリアいずれかの会員登録が済んでいるのであれば、コミなびIDを作成する前に必ず各キャリアのIDでログインしてから作成手続きを進めて下さい。

 

そうしますと各キャリアのIDで取得したポイントを引き継ぐことができます。

 

実際に利用中の管理人のレビュー

コミなびに入会しようかなと思っている人はいろいろと他の電子コミックサービスと比較している方もいるでしょう。まんが王国、ハンディコミック、コミックシーモア…などなど最近は素晴らしいサービスがたくさんあります。

 

しかしコミなびはそれなりに良い部分が多いですし、またちょっとエッチな漫画なども比較的多いですしスマートフォン向けの公式サイトとして安心もできますし、おすすめ出来る電子コミックの一つです。

 

特にポイントを毎日獲得できるサービスは魅力ですし、もちろん会員登録のボーナスポイントもお勧めできる特長の一つで、高画質の漫画もたっぷりありますしサイトの使いやすさやビューアの良さなども感じられ満足できると思います。

 

しかしまず最初は使い勝手などを確かめる為にも、一度お好きな漫画を立ち読みしてから登録などをするといいでしょう。実際に使ってみてから決めてみてくださいね。